泉の日記帳

泉の日記帳

「孤独感」の壁を越える―本当に欲しかったものは何ですか?

誰かといてもいつも寂しい、そんな心の1人ぼっちを感じやすい方。また、今まさに大切な人と分かり合えない孤独を感じている方。 そのような方が、寂しい気持ちを抜けるご参考になれば…という実体験からのコラムです。よろしければご覧くださいね。 「孤独...
泉の日記帳

「ダイエットしなきゃ」という感情についてのお話

少しずつ暖かくなると。「そろそろダイエットでもしようかな…」もしかしたら、そんな気持ちがよぎったりする時期かもしれません。  あなたは今までに、ダイエットをしたことがありますでしょうか。もしあるとしたら、その時にどんな気持ちで取り組んでいた...
泉の日記帳

朝のハタ振りから思う、人と関わる効能

ある朝の出来事から 我が家の子どもは小学生です。そのため、私にもあの「PTA活動」というものがあります。 正直、面倒だなって思っておりました。(スミマセン……) だけど実際にやってみたら、結果として“悪くないな”って思えたんですね。それはな...
泉の日記帳

「許し」ってやつを身を以て学んでみた(3)

こちらは私が実際に心理学やカウンセリングを通して“ひと皮むけた!”と実感できたお話です。できるだけわかりやすいように...!と熱が入りすぎて、つい長くなってしまったのですが、私の経験が少しでもお役に立ちましたらとても嬉しいです。 (2からの...
泉の日記帳

「許し」ってやつを身を以て学んでみた(2)

こちらは私が実際に心理学やカウンセリングを通して“ひと皮むけた!”と実感できたお話です。できるだけわかりやすいように...!と熱が入りすぎて、つい長くなってしまったのですが、私の経験が少しでもお役に立ちましたらとても嬉しいです。 (1からの...
泉の日記帳

「許し」ってやつを身を以て学んでみた(1)

こちらは私が実際に心理学やカウンセリングを通して“ひと皮むけた!”と実感できたお話です。できるだけわかりやすいように...!と熱が入りすぎて、つい長くなってしまったのですが、私の経験が少しでもお役に立ちましたらとても嬉しいです。 心理学を使...
泉の日記帳

対人問題を抜けやすい考え方・拗らせる考え方(3)

(2からの続きです)当時の私ができなかったこと、それはこの問題を「自分の問題として捉える」ということです。「これはすぐに怒る上司の問題で、私にはどうしようもないから」、そう思い込み「無力な私」という立場に居続けようとしたのです。 「自分には...
泉の日記帳

対人問題を抜けやすい考え方・拗らせる考え方(2)

(1からの続きです) 私が社会人になったばかりの頃、職場にうまく対応できず、とても辛い時期がありました。やることなすこと空回りで、その度に当時の上司をイライラさせてしまい怒鳴られる毎日、まるで地獄に向かうような絶望的な気持ちで職場に向かって...
泉の日記帳

対人問題を抜けやすい考え方・拗らせる考え方(1)

人間関係で悩む時、同じ悩みでもその捉え方は2種類あります。それは、主語が「自分」か「相手」か、ということです。 主語が自分というのは、「私は〇〇がうまくいかずに困っている」という考え方、主語が相手というのは「あの人が〇〇してくる、〇〇してく...
泉の日記帳

うちの破天荒ばばあの話(2)

こちらは私が実際に心理学やカウンセリングを通して“ひと皮むけた!”と実感できたお話です。できるだけわかりやすいように...!と熱が入りすぎて、つい長くなってしまったのですが、私の経験が少しでもお役に立ちましたらとても嬉しいです。 (1からの...